花籠(矢筈ビク)/二代 岩尾豊南作

¥ 11,574

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • Yu-Pack

    Your delivery status can be checked online.

    Regional setting
    • Hokkaido

      • Hokkaido 1,337JPY
    • Tohoku

      • Aomori 1,234JPY
      • Iwate 1,234JPY
      • Miyagi 1,234JPY
      • Akita 1,234JPY
      • Yamagata 1,234JPY
      • Fukushima 1,234JPY
    • Kanto

      • Ibaraki 1,054JPY
      • Tochigi 1,054JPY
      • Gumma 1,054JPY
      • Saitama 1,054JPY
      • Chiba 1,054JPY
      • Tokyo 1,054JPY
      • Kanagawa 1,054JPY
      • Yamanashi 1,054JPY
    • Shinetsu

      • Niigata 1,054JPY
      • Nagano 1,054JPY
    • Hokuriku

      • Toyama 926JPY
      • Ishikawa 926JPY
      • Fukui 926JPY
    • Tokai

      • Gifu 926JPY
      • Shizuoka 926JPY
      • Aichi 926JPY
      • Mie 926JPY
    • Kinki

      • Shiga 823JPY
      • Kyoto 823JPY
      • Osaka 823JPY
      • Hyogo 823JPY
      • Nara 823JPY
      • Wakayama 823JPY
    • Chugoku

      • Tottori 720JPY
      • Shimane 720JPY
      • Okayama 720JPY
      • Hiroshima 720JPY
      • Yamaguchi 720JPY
    • Shikoku

      • Tokushima 823JPY
      • Kagawa 823JPY
      • Ehime 823JPY
      • Kochi 823JPY
    • Kyushu

      • Fukuoka 720JPY
      • Saga 720JPY
      • Nagasaki 720JPY
      • Kumamoto 720JPY
      • Oita 617JPY
      • Miyazaki 720JPY
      • Kagoshima 720JPY
    • Okinawa

      • Okinawa 926JPY
Report

[縦14㎝ 横10㎝ 奥行7.5㎝]

大分県産の真竹を利用した、ビク(釣りの際に魚を入れる篭)を
モチーフにした、素朴な壁かけ花籠。

山野草を入れると、素朴でかわいらしい雰囲気になります。

籠の中に竹筒が入っていますので、水漏れの心配はありません。

※自然素材の作品の為、写真と実物とに若干の違いがあります。
ご了承の上、ご注文願います。

※自立としては不安定なので、壁掛けとしてご使用ください。


【二代 岩尾豊南 略記】
昭和30年別府市生まれ
日大芸術学部卒業

昭和60年パリ日本伝統工芸展
別府竹細工新作展など多数入賞

平成17年「愛・地球博」にて
日本政府館の記念品を制作。

伝統工芸士 
別府竹製品協同組合理事長


【別府竹細工の歴史】
別府の竹細工は室町時代に行商用の籠をつくって売り出したのが初めとされ、江戸時代に入り「別府温泉」の名が広るにしたがい、湯治客の滞在中の台所用品として竹製品をお土産品として持ち帰ったことで、別府市の地場産業となりました。
 明治・大正になり、陸路・海路での交通も盛んになり、別府は温泉と共に竹細工の全盛期を迎えます。
 昭和42年に生野祥雲斎が竹工芸で初めて人間国宝になりました。竹細工から竹工芸へと技術の研鑽が現在にある優れた製品・作品に受け継がれています。